ウォーリア・オブ・ライト討滅戦|初心者でも安心の攻略ガイド【2020年版】

笑顔
よろしくお願いします!

FF14の「ウォーリア・オブ・ライト討滅戦」で大事なポイントを、
初心者向けに動画付きで解説しています。

この記事を読めば初見でコンテンツファインダーも安心です。

  • ファイガは「動かない」!
  • ブリザガは「立ち止まらない」!
  • 魔法剣を忘れた場合は「立ち止まらない」!
  • エリア北の竜を見落とさないように注意!
  • ボタン連打モードは途中で連打を止めてはダメ!
  • タンクはリミットブレイクの準備をしておく!
  • 円には2人ずつ入る!
  • 赤マークがついたら四方に分散!
  • 線がついたら竜を外側に向ける!

メインクエストでは屈指の難易度!

会話
これまでのボスとは別格の強さです!

ウォーリア・オブ・ライト討滅戦は、

これまでのメインクエストの討滅戦に比べて難易度が高いです!

とくにヒーラーの負担が重めで、ヒーラーが二人とも予習なしで初見だったりすると間違いなく苦戦します。
下手したらクリアできないかもしれません。

覚えておきたいポイントが多く、どれも重要なので「これさえ押さえれば大丈夫」ともいきません。
順番に解説していきますので、できるだけ覚えていってください。

 

ウォーリア・オブ・ライト討滅戦の攻略解説

会話
要注意なポイントを進行順に解説していきます。

開戦直後は全力回復

アンリーシュ・テラー

開戦直後にいきなり危険な攻撃がきます。

全員のHPが強制的に1になり、

15秒以内にHP満タンまで回復できないと即死するデバフを受けます!

デバフはパーティリストに青っぽいアイコンで表示されています。

ヒーラーは全力で回復してください。

通常の回復魔法だけでなく、アビリティの回復も組み合わせていかないと間に合いません。

それから、学者は「士気高揚の策」を使う前に「応急戦術」を使いましょう。
バリアではHP全快の条件を満たさないからです。

開戦直後は満タンまで回復する!

 

とくに注意しないといけないのは、タンクのHPです。
タンクはHPが高いのでその分回復も多く必要だからです。

範囲回復だけだと、タンクが即死しがちです!

ヒーラーは範囲回復だけでなく、即時発動できるアビリティを使ってタンクのHPも全快させてください。
テトラグラマトン、生命活性法、ディグニティ、ベネディクションなどです。

ヒーラー以外でも回復を使えるジョブは手伝うといいでしょう。
なかでもナイトのクレメンシーは効果的です。

 

アブソリュートファイガ(ブリザガ)

アブソリュート・ファイガ

アブソリュートファイガ」と「アブソリュートブリザガ」。

2択のギミックです。

画像のような赤いマーク(アブソリュートファイガ)がついたら、

移動もアクションもいったんストップしてください。
(よく見ればマークの絵柄も「一時停止」ですね)

動いているとダメージを受け続ける「ヒート」というデバフがつくからです。
ヒートは3秒ほどで消えます。

ファイガは「動かない」!

 

アブソリュート・ブリザガ

逆に青いマーク(アブソリュートブリザガ)は、

発動するまで立ち止まらずに動き続けてください。
(こちらはマークの絵柄が「再生」ですね)

発動時に動いていないと、凍りついてダメージも受けます。

ブリザガは「立ち止まらない」!

 

魔法剣技:ブライトセイバー

魔法剣付与

「2択ギミック」の発展型です。

まず「魔法剣アブソリュートファイガ(ブリザガ)」を使ってきます。

ですが、この時点ではなにも起こりません。

魔法剣の属性を覚えておいてください。

 

魔法剣発動時

その後、ボスの周囲の外側もしくは内側を攻撃する、

「魔法剣技:ブライトセイバー」を使ってきます。

このとき魔法剣技と同時に、上で解説したのと同じ「2択ギミック」が発動します。
(マークは表示されません)

つまり、範囲を避けたあと、

・魔法剣がファイガだったなら「動かない」
・魔法剣がブリザガだったなら「立ち止まらない」

ようにする必要があります。

さらに厄介なことに後半戦になると、
魔法剣から魔法剣技までの時間が長くなります。

なので、どちらの属性だったか忘れてしまいがちです。

わからなくなってしまった場合は、

とりあえず発動時に立ち止まらないようにしましょう。

そして、もしファイガだったらすぐに動きをとめるようにすれば大丈夫です。
魔法剣を忘れた場合は「立ち止まらない」!

 

【動画】魔法剣技の避け方

魔法剣~魔法剣技の部分を動画でもご覧ください。

 

ソード・オブ・ライト+サモン・ウィルム

ソード・オブ・ライト+サモン・ウィルム

2つの範囲攻撃が連続する、前半戦の山場です。

「ソード・オブ・ライト」はゆっくり描かれる三角形の内側が攻撃範囲です。
前半戦では必ず「北西」か「北東」が安全地帯になります。

「サモン・ウィルム」はエリア北に出現する竜のいる方の東西半分が攻撃範囲です。

北西か北東に避けつつ、

エリア北に出現する竜に注目してください。

避けた方に竜が出現した場合は、「ソード・オブ・ライト」発動後に反対へ移動しましょう。

エリア北の竜を見落とさないように注意!

 

【動画】ソード・オブ・ライト+サモン・ウィルム

ソード・オブ・ライトからサモン・ウィルムまでの動画です。

 

ボタン連打し続けないと全滅する!

15秒間連打し続けないと全滅

ウォーリア・オブ・ライトのHPをある程度減らせば、

ボタン連打モード になります。

「神竜討滅戦」や「ハーデス討滅戦」のボタン連打より、厳しくなっています!

理由は2つ。

  1. だれか1人でも失敗したら「全滅」
  2. 15秒のあいだ「連打を止めてはいけない」

とくにキツいのが①です。
ここで全滅して最初からやり直しになるケースがかなり多いです。

しっかり連打し続けましょう!

連打するのはどのボタンでも大丈夫なので、
複数のボタンをまとめて連打するのがコツです。

ちなみに、なぜか「ACTIVE TIME MANEUVER」の表示はなくなりました。
いきなり連打モードが始まるので、気をつけてください。

ボタン連打モードは途中で連打を止めてはダメ!

 

アルティメット・クロスオーバー

タンクがLB3を使わないと全滅

ボタン連打モードのあと、演出イベントを挟んで使ってくる大技です。

タンクがリミットブレイクを使ってください!

タンクのリミットブレイクなしでは確実に全滅します。
ホットバーにリミットブレイクを忘れずにセットしていきましょう。

リミットブレイクを使うタイミングですが、

「お前を倒し私は進む・・・・・・くらえ!」のセリフが終わったあと

を目安にすると良いと思います。
(敵のリミットゲージが4本溜まった瞬間に使うのは早すぎます)

タンクはリミットブレイクの準備をしておく!

 

幻光の戦士(白魔+黒魔)

円には二人はいる

ここから後半戦です。
(以後全滅したら後半戦からリスタートできます)

画像のような「隕石が落ちてくる円」が表示されたら、

「2人ずつ」入ってください。

この種のギミックでは「1人」入ればいいというパターンが多いのですが、
ここでは「2人」入る必要があります。

円には2人ずつ入る!

 

幻光の戦士(暗黒+詩人)

2ヶ所に予兆が見えたら北に注目

画像のように2ヶ所に予兆が表示されたら、同時にサモン・ウィルムがきます。

エリア北に出現する竜に注目してください。

前半戦とおなじく、竜が出現したほうのエリア半分には即死級の攻撃が来ます。
見落とさないようにしましょう。

エリア北の竜を見落とさないように注意!

 

青マークがついた人は離れる

その直後には、2人にマークが付きます。

片方はおなじみの「頭割り」マーク。
もう一つの青いマークは、ホルミンスターでも登場した「近くにいると大ダメージ」のマークです。

ボスの近くに集合しつつ、青いマークがついた人だけ離れましょう。

青いマークは離れる!

 

ブライトブレイバー

赤マークの方向に扇形範囲がくる

リミットブレイクレベル1。味方3人に赤マークがつく攻撃です。

マークがついた人の方向に広角の扇形範囲がきます。
予兆範囲は見えません。

範囲に重ねて当たると危険です!

マークがついた人はボスの四方を囲むような位置取りをしましょう。

赤マークがついたら四方に分散!

 

ブライトデスペラード

ブライトデスペラード

リミットブレイクレベル2。「頭割り」攻撃が2連続できます。
ターゲットはヒーラーを優先して狙ってきます。

ボスの左右に4ー4に分かれて受けましょう。

なぜ分かれる必要があるかというと、デバフがある関係で2回当たると即死するからです。

4人ずつがベストですが、3人でも耐えられるくらいの威力です。

 

ブライトメテオ

ブライトメテオ

リミットブレイクレベル3。ブライトデスペラードのすぐ次に使ってきます。
4人をターゲットにした範囲攻撃で、攻撃自体はよくあるタイプです。

しかし、範囲の広さとダメージの大きさが普通ではありません。

味方の動きに合わせて、うまく散開してください。

赤マークがついたら四方に分散!

 

味方の動き次第になるので、こう動けば間違いないというやり方はありません。
基本的にはアドリブで対処することになります。

いちおうの対策としては「マークがつく前からエリア四隅に移動しておく」というやり方があります。
早めに自分の行き先を示すと、味方が移動するべき方向を判断しやすくなります。

 

【動画】ブライトメテオの避け方

ブライトメテオの部分の動画です。

「早めに移動」で対処している例になります。

 

ソード・オブ・ライト(後半)

地面が暗くなったら剣の場所を探す

前半戦のソード・オブ・ライトと違って、同時に2つの範囲が発生します。

どこが安全な場所になるのか、非常にわかりにくいです。

地面が暗くなったら、

視点を回して2ヶ所ある「剣のスタート地点」を探してください。

  1. スタート地点が「隣り合う」辺にある
  2. スタート地点が「向かい合う」辺にある

パターンはこの2つです。

①「隣り合う」ならその間へ

剣が隣り合うならその間が安全地帯

剣のスタート地点が「隣り合う」辺にある場合は、

その2ヶ所の間が安全地帯です。

②「向かい合う」なら左右へ

向かい合うなら左右が安全地帯

剣のスタート地点が「向かい合う」辺にある場合は、

左右両側が安全地帯です。

③ わからなくなったら

よくわからなくなってしまった場合は、

味方の移動する方についていきましょう。

たぶん、それで何とかなります。

 

幻光の戦士(召喚)

線がついたら竜を外側に向ける

4体の竜が出現して味方4人とそれぞれ線でつながります。

線のついた人の方向へ広い範囲攻撃がきます!

竜を外側に向けてください。

内側に攻撃を撃たれると、味方が非常に避けにくくなって危険です。

線がついたら竜を外側に向ける!

 

 

会話
要注意な攻撃は以上です。
後半戦の「魔法剣技」にはとくに気をつけてください!

 

目次に戻る

ウォーリア・オブ・ライト討滅戦の動画

ヒーラー視点の動画です。

途中でやや長い演出が入るので、
その部分はカットして前半と後半に別けてあります。

【動画】ボタン連打モードまで

 

【動画】ボタン連打モード後

 

目次に戻る

ウォーリア・オブ・ライト討滅戦のまとめ

ウォーリア・オブ・ライト討滅戦まとめ

  • ファイガは「動かない」!
  • ブリザガは「立ち止まらない」!
  • 魔法剣を忘れた場合は「立ち止まらない」!
  • エリア北の竜を見落とさないように注意!
  • ボタン連打モードは途中で連打を止めてはダメ!
  • タンクはリミットブレイクの準備をしておく!
  • 円には2人ずつ入る!
  • 赤マークがついたら四方に分散!
  • 線がついたら竜を外側に向ける!
お疲れさまでした!
関連記事

FF14の「漆黒のヴィランズ編」に含まれるコンテンツの攻略記事へのリンクをまとめたページです。星のマークはコンテンツファインダーでの難易度を意味しています。[star-list number=1.0]:楽勝[star[…]

漆黒のヴィランズ